ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

「ベルギーを後退させる力を日本は持つ」
トルシエが語るGL総括と次戦の要点。

posted2018/07/01 12:30

 
「ベルギーを後退させる力を日本は持つ」トルシエが語るGL総括と次戦の要点。<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

グループリーグ突破まで、その戦術的な選択で成功し続けている西野朗監督。日本一の名将として、さらなる高みを目指す……。

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto/JMPA

 快哉が叫ばれながら同時に物議も呼んだポーランド戦をフィリップ・トルシエはどう見たのか。また彼は、日本のグループリーグでのパフォーマンスをどう評価するのか。そして日本にとっての3度目の挑戦となるベスト8を賭けたラウンド16での戦いは……。

 ポーランド戦の直後に、ベトナムの地からトルシエが再び語った。

「勝ち点4は正当に戦って得たもの」

――(ポーランド戦は)静かで落ち着いた試合でしたが。

「目的としたのはグループリーグの突破だった。それにはふたつの試合が関わっていた。日本対ポーランド戦とセネガル対コロンビア戦だ。自分の試合の結果だけで決まる場合もあるが、他の試合の結果が左右する場合もある。それもサッカーの一部で、結果は結果でしかない。

 最終的に日本はリーグ戦を突破した。それこそ考慮すべきことだ。日本が獲得した勝ち点4は決して対戦相手から強奪したのではない。正当に戦って得たものだ。

 大会が始まったころは、誰も日本が突破できるとは思っていなかった。私がその最たるもので、準備の内容やチームをめぐる状況――前監督のヴァイッドが解任された経緯、テストマッチの内容などを考慮すれば、日本がグループリーグを突破できるとは考えられなかった。

 しかし日本はそれを実現した。攻撃的なプレーを実践しながら。新鮮なサッカーでもあった。このパフォーマンスは祝福しなければならない。そして、西野朗監督を祝福すべきだ」

――ポーランド戦は、これまでの2試合とは様相がかなり異なりました。

「これまでとチームの構成を変えてフレッシュな選手たちを起用した。彼が選んだのは選手のフレッシュさでありチームのアグレッシブさだった。

 グループ1位をキープするには負けない必要があった。しかし最終的には妥協策を選ぶことになり……」

【次ページ】 スタメン6人交代は最高の解決策。

1 2 3 4 NEXT
フィリップ・トルシエ
西野朗
柴崎岳
大迫勇也
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ