バスケットボールPRESSBACK NUMBER

昨年準優勝の川崎を千葉が制す。
エース富樫勇樹が見せた“有言実行”。

posted2018/05/15 18:15

 
昨年準優勝の川崎を千葉が制す。エース富樫勇樹が見せた“有言実行”。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

観客は満員の5108名。ブースターの大声援を受けて、千葉は天皇杯に続く二冠の達成へと進み続ける。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

B.LEAGUE

 明確な軸があるからこそ、次の一手を打てる。そんな千葉ジェッツのカルチャーを象徴するゲームだった。

 Bリーグのプレーオフであるチャンピオンシップ(CS)では準々決勝と準決勝は2日間で行なわれる変則的なフォーマットだ。2勝したチームが次のステージに進めるのだが、2日目に行なわれるGAME2を終えた時点で1勝1敗なら、前後半5分ずつの特別ルールによるGAME3で勝ち抜けを決める。

 GAME1では千葉が第1Qからアグレッシブな守備から得意の速攻を繰り出して、87-65で勝利。翌日のGAME2では1Qこそ同点で推移したものの、川崎ブレイブサンダースが千葉の良さを徹底してつぶしてきたことで、ジリジリと差を広げ、71-61で終わっていた。

 1勝1敗。

 そこから20分のインターバルを迎え、両チームはロッカールームへと引き上げた。

セオリーに当てはまらない選手が2人……。

 千葉のヘッドコーチ(HC)である大野篤史は、当初、富樫勇樹、石井講祐、小野龍猛、マイケル・パーカー、ギャビン・エドワーズを送り出そうと思っていた。

 GAME1で先勝したチームがGAME2で劣勢に立たされたときに、直後に行なわれるGAME3のスタメンでプレーしそうな選手をベンチで休ませるシチュエーションはよくある。昨シーズンの王者栃木ブレックスが準決勝を突破したのもそうだ。

 しかし、そのセオリーに当てはまらない選手が2人いた。

 まず、チームのキャプテンの小野。リーダーとして、指揮官は全幅の信頼を寄せる。苦しい状況に立ったからこそ、大野HCに迷いはなかった。

 そして、エドワーズ。このチームで最も調子の波が少ない選手であり、チーム得点王だ。

【次ページ】 長くコートに立たせた選手達には理由があった。

1 2 3 4 5 NEXT
千葉ジェッツ
川崎ブレイブサンダース
大野篤史
富樫勇樹
石井講祐
小野龍猛
マイケル・パーカー
ギャビン・エドワーズ
ニック・ファジーカス
レオ・ライオンズ
藤井祐眞

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ