バスケットボールPRESSBACK NUMBER

復刻ユニで68年間の東芝時代に幕。
Bリーグ川崎がCS制覇に挑む!

posted2018/05/04 09:00

 
復刻ユニで68年間の東芝時代に幕。Bリーグ川崎がCS制覇に挑む!<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

クラブ初の2冠を達成した1999-2000シーズンの復刻ユニフォームを着て、リーグ戦ホーム最終節を連勝で飾った。

text by

青木美帆

青木美帆Miho Aoki

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 4月28日、快晴の土曜日。

 川崎ブレイブサンダースはこの日、他チームより少し早めのホーム最終日を迎えた。本拠地のとどろきアリーナに集まった観客は、4456名。プロリーグのBリーグが発足して2年目。総計入場者数は9万1792名にのぼり、1試合平均にすると約3060名となる。

 3年前、川崎は東芝を母体に持つ実業団チームとして、NBLというプロアマ混合リーグに所属していた。

 東芝のホームゲームには、驚くほど観客がいなかった。正確な数字は不明だが(データベースが掲載されていたNBLの関連サイトはすでに閉鎖されている)、平均で1000人に届くかどうかだっただろう。金曜日開催のゲームは500名前後ということも当たり前だった。

少なかった入場者数がプロ化で一転。

 キャプテンの篠山竜青は以前、東芝時代のホームゲームについて、こんなふうに話していた。

「試合前のセレモニーで、観客にサインボールを投げるのも嫌でした。コントロールがよくないと、誰もいないところに転がっていってしまうので。暗転とかの演出も『恥ずかしいからいいよ』という感じでしたし」

 実業団の存在意義は、あくまで社員の福利厚生であり士気高揚。観客動員は二の次という大義名分は確かにあったが、それでも日立(現在のサンロッカーズ渋谷)、トヨタ自動車(現在のアルバルク東京)、アイシン(現在のシーホース三河)、三菱電機(現在の名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)といった他の実業団チームと比べても入場者数は明らかに少なかった。

 そんなクラブが、プロ化からわずか2年で彼らを上回る観客を呼び、プロとしてのキャリアが長いクラブと肩を並べるようになった。その立役者は、プロスポーツ経営の素人である東芝の社員たちだった。

【次ページ】 4人で作り上げたプロクラブの基盤。

1 2 3 NEXT
川崎ブレイブサンダース
ニック・ファジーカス
篠山竜青

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ