Number on NumberBACK NUMBER

NBAの観客動員。~弱くても人気があるチームの存在が、リーグの底力なのだ~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/08 15:00

NBAの観客動員。~弱くても人気があるチームの存在が、リーグの底力なのだ~<Number Web> photograph by Getty Images

今季のブルズは、11月から12月にかけ10連敗を喫したが、直後に3年ぶりとなる7連勝を記録した。

 NBAはレギュラーシーズンの成績が出た。観客動員は全体的によかったが、チームの成績と観客動員が、それほどはっきりした関係にないのが、興味深いところだ。

 東地区、西地区ともに、1試合平均の観客動員でトップに立ったのは、プレーオフには出場していないチームだった。東地区はブルズ、西地区はマーベリクスだ。ブルズは27勝55敗で東地区の13位、マーベリクスは24勝58敗で、西地区の13位だった。それでもブルズは1試合平均で2万776人、本拠地のユナイテッド・センターの座席稼働率も99.3%と、全試合ほぼ満席という盛況ぶりだった。マーベリクスは1試合平均で1万9791人、アメリカン・エアラインズ・センターの座席稼働率は103.1%と、平均しても満席以上だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ