野球のぼせもんBACK NUMBER

登録抹消・SB千賀滉大への提言。
“横滑りのスライダー”一時中止を。 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/04/11 10:30

登録抹消・SB千賀滉大への提言。“横滑りのスライダー”一時中止を。<Number Web> photograph by Kyodo News

今季は2試合に先発し10回2/3を投げ0勝1敗、防御率5.06と、不本意な成績が残っている。

「良さである中指を殺してしまうのでは」

 今年、千賀はこれまでとは違う新しいスライダーを投げ始めた。昨年までは縦に変化をしていたが、千賀といえば『お化けフォーク』が代名詞だ。投球の幅を広げるためには横滑りをするスライダーは魅力十分に映ったのだろう。

 キャンプのブルペンでも熱心に投げ込み、オープン戦では意図的にかなり多投していた。

「それが人差し指を呼び起こし、彼の良さである中指を殺してしまうのでは」

 随分前から心配の声を上げていたのは「鴻江スポーツアカデミー」(以下KSA)代表の鴻江寿治氏だ。千賀はプロ1年目のオフから、毎年1月は鴻江氏の主宰する自主トレに参加しており、投球フォームの基礎をこの場所で作り上げてきた。

 人差し指に、中指?

 一体、どういうことか。

変えたストレートの握り。

 千賀は'16年のシーズンから、ストレートの握りを現在のものに変えている。通常の握りよりも少し左にズラす。KSA自主トレでは「シュート握り」と呼んでいた。

 ボールの円の頂上に置くのは中指。人差し指は添えるだけのイメージで、中指で強く弾く。誰もがそうしていいわけではない。鴻江氏の提唱する「反り腰型」(右骨盤が開き、左骨盤が被っている)の“体が回りにくい”タイプが合うとしており、たとえば同じ自主トレの参加者でも「猫背型」(右骨盤が被り、左骨盤が開いている)のホークスの石川柊太はこれを取り入れていない。

 人間は中指が一番長い。その数センチの“指のかかり”の違いが、ボールの回転数を押し上げ、より強い切れ味を生む。また、鴻江氏はもう1つの利点を説明する。

「中指に軸を置く。そうやって投げることで、身体の近くを右腕が通るようになると考えています。腕が遠回りすれば肩や肘の負担は増すわけですから、より故障をしにくい投球フォームになるのです」

【次ページ】 向上心を責めることはできない。

BACK 1 2 3 4 NEXT
千賀滉大
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ