スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

カーリングの精神を示す大切な言葉。
「コンシード」を定着させた中継陣。

posted2018/03/06 08:00

 
カーリングの精神を示す大切な言葉。「コンシード」を定着させた中継陣。<Number Web> photograph by Ryosuke Menju/JMPA

金メダルを争ったスウェーデンと韓国も、試合後には笑顔で握手。この精神は「ギブアップ」では伝わらない。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Ryosuke Menju/JMPA

 オリンピックが終わって1週間。

「カーリング・ロス」に陥っている人もいるのではないだろうか?

 でも、嘆くことはない。3月17日からはカナダのノースベイで女子の世界選手権、3月31日からは男子の世界選手権がアメリカのラスベガスで行われ、日本でも中継の予定がある模様だ。

 平昌オリンピックのカーリング中継についていえば、テレビの映像としては“poor”だった。カーリング中継は、天井からのカメラで定点観測することが基本だが、今回はシート横の移動カメラの映像を多用したため、ストーンの位置が見づらくて困ってしまった。

 ただし、これは日本のテレビ局が作った映像ではないので、お間違えなく。カーリングの国際映像を作ったチームの責任です。

 ただしオリンピックの映像でも、シートAだけは天井からの映像が多く、やはりディレクター次第だと思った。

アナウンサーが定着させたコンシード。

 日本の中継のファインプレーは、中継アナウンサー陣が「コンシード」という言葉を定着させたことだ。

 コンシード。これは、カーリングにおいて終盤で点差がついてしまった時に、負けを認めて相手に握手を求めることを指す。

 これまでカーリングの中継では、「ギブアップ」と「コンシード」が混在していたが、今回の中継でコンシードに統一されたことを大いに評価したい。

 コンシードconcedeを英和辞典でひいてみると、こういった意味が出てくる。

1 譲歩する。
2 《主に米国で用いられる》 (選挙などで)敗北を認める。

【語源】
ラテン語「完全に譲る」の意 (CON‐+cedere 「立ち去る、譲る」); 名詞 concession、形容詞 concessive
(Weblio 英和和英辞典より)

【次ページ】 将棋や囲碁の「投了」に近い感覚。

1 2 3 NEXT
平昌五輪
オリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ