スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

カーリングの精神を示す大切な言葉。
「コンシード」を定着させた中継陣。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byRyosuke Menju/JMPA

posted2018/03/06 08:00

カーリングの精神を示す大切な言葉。「コンシード」を定着させた中継陣。<Number Web> photograph by Ryosuke Menju/JMPA

金メダルを争ったスウェーデンと韓国も、試合後には笑顔で握手。この精神は「ギブアップ」では伝わらない。

将棋や囲碁の「投了」に近い感覚。

 カーリング的な意味合いを付加するならば、潔く負けを認め、相手を祝福する意味が込められている。ただ単に、ギブアップ、諦めるというのとは意味が違う。

 私が感じるに、将棋や囲碁の「投了」の感覚に近い。

 また、この言葉はアメリカの選挙ではよく使われる単語で、候補者が開票速報の成り行きを見て、自分の負けが決定的だと認めた場合、相手の候補者に祝福の電話を入れることを、「コンシード」というのだ。

 政敵に電話を入れるという残酷なシステムだが、やはり、ここにも「相手を祝福する」という意味が込められている。また、アメリカでは「グッド・ルーザー」であらねばならないという、社会的な要請が根底に潜む。

 私が思うに「ギブアップ」では、様々な背景を言い表せない。

故・小林宏氏の精神を受け継いだ進藤アナ。

 では、なぜ今回のオリンピックにおいて、日本の放送では「コンシード」が定着したのだろうか?

 ここからは私の推測だが、テレビ朝日の進藤潤耶アナが徹底したのではないかと思う。

 なぜなら、2010年のバンクーバー・オリンピックの際に解説を務めた故・小林宏氏が、生前、私にこんなことを言っていたからだ(小林氏といえば、バンクーバーでは興奮のあまり、“This is curling!”と叫んだことが忘れられない。もちろん、次のショットの予測が的確だったことは言うまでもない)。

「制作スタッフからは、『ギブアップ』と言って欲しいと言われましたよ。その方が分かりやすいということでね。でも、カーリングの用語としては『コンシード』が正しい。コンシードは世界共通で、ギブアップなんて使いません。

 進藤さんは、コンシードの精神をすぐに理解してくれました。ゴルフのマッチプレーで、負けを認めることを『コンシード』というそうで、ゴルフとカーリングは共通点がありますから、ピンと来たんでしょう」

【次ページ】 好奇心を持って新しい言葉を使おう。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ