オリンピックへの道BACK NUMBER

渡部暁斗「獲れるものを獲った」
4年前と同じNH銀はLH金への布石。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJMPA

posted2018/02/15 11:40

渡部暁斗「獲れるものを獲った」4年前と同じNH銀はLH金への布石。<Number Web> photograph by JMPA

トレイルラン、ボルダリング、ヨガ、マウンテンバイク……、さまざまな練習方法を取り入れ今大会に臨んだ渡部暁斗。

金メダルまでの「距離は近いと思う」。

 ソチでは悲願だったメダルをノーマルヒルで手にし、続くラージヒルは6位に終わった。今大会は、目標を金メダルに明確に絞り込んで臨んだ大会だ。

 そのためには銀を獲っても集中が切れることはなく、一方でまずはメダルを得たことで、続くラージヒルでのプレッシャーは軽くなる。

「(金メダルへの)距離自体は近いと思うんです。ジャンプもいいし、クロスカントリーも走れている。僕としては獲れる準備はできています」

 2位という結果で終えたノーマルヒルは、よいスタートとなった。ただ、楽観視はしていない。

「フレンツェルだけじゃなく、ノーマルヒルでは運のなかったノルウェーチームもいる。簡単には行かないだろうなと思いますが、いい流れが来れば、チャンスは4年前より大きいと思っています」

 厳しい戦いになるであろうことは想定済み。それでも金メダルへの距離が縮まっていることは実感できている。気持ちにも緩みはない。

 追い求めてきた目標の達成をかけたラージヒルは、20日に行なわれる。

<平昌五輪直前総力特集>最強のふたり。

関連記事

BACK 1 2 3
渡部暁斗
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ