オリンピックPRESSBACK NUMBER

平野歩夢、意外と饒舌な会見で。
「人と違う滑りで上を目指して」

posted2018/02/15 17:00

 
平野歩夢、意外と饒舌な会見で。「人と違う滑りで上を目指して」<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

クールな表情が印象に残る平野だが、銀メダルを手にした笑顔もまた、まぶしい。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto/JMPA

 張り詰めるようなオーラは消え、緊張感から解き放たれた自然な笑みが浮かんでいた。

 男子ハーフパイプ決勝でショーン・ホワイト(米国)との名勝負を演じ、2大会連続で銀メダルを手にしてから一夜。ジャパンハウスでのメダリスト会見にやってきた平野歩夢(木下グループ)は、意外なまでに饒舌だった。大事にしている思いや美学を、心の内に持っている言葉で伝えようと、ゆっくりと時間をかけて話した。

 銀メダルという結果については、やや気持ちに変化があるという様子をにじませた。試合直後はさばさばとした表情が印象的だったが、一日が経って増してきたのは悔しさだった。

「昨日は目の前に金メダルを獲れる可能性がある中、あのような結果になった。自分も素直に受け入れる部分と悔しい部分が残っているので、この結果を生かして、4年後にまたリベンジしに、出られればと思う」

「また4年かかってしまうのか~」

 ただ、ホワイトには敬意を示した。ラストの3本目に過去に自身が一度も挑戦したことのないフロントサイドダブルコーク1440、キャブダブルコーク1440と連続4回転を成功させた。

 平野はフィニッシュエリアでホワイトの滑走を集中して見守りながら、ある思いを感じていた。

「自分よりもさらにプレッシャーのある中、最終滑走で、決めたことのないトリックを決めてくるメンタルにびっくりした。(採点には)会場の雰囲気も滑走順も関係してくる。3ヒット目くらいには、これを決めてきたら抜かされるなと思った。彼のベストが出た大会だったと思います」

 2大会連続銀メダルは悔しい。会見場のバックステージでは「また4年かかってしまうのか~」と苦笑いする姿も見られた。しかし、いずれにしても4年後の目標は明確。次はもちろん頂点を獲るしかない。

【次ページ】 何をしようか作戦を組み立てる。

1 2 3 NEXT
平野歩夢
ショーン・ホワイト
平昌五輪
オリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ