サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

最後に決まったのは4年以上前……。
三浦淳寛が推す代表のFK候補者は。 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/01/04 11:30

最後に決まったのは4年以上前……。三浦淳寛が推す代表のFK候補者は。<Number Web> photograph by AFLO

日本代表が最後に決めたフリーキックは、2013年9月6日の遠藤保仁。4年以上の沈黙を打ち破るのは誰になるか。

キックに対する意識の低下がリフティングにも?

 自身の成功体験があるからこそ、今、Jリーグクラブの練習や育成の現場を見ていて、気になることがある。

「狭いスペースの中で、細かなテクニックを使ってプレーできる選手は格段に増えました。その反面、『狙ったところに蹴る』ための意識やキックの練習量は、減っているような気がします。

 例えば、子供たちのリフティングを見ていてもそうです。現在の子供たちは、足先を使って、ちょん、ちょん、ちょんと、フリースタイルのようなリフティングがすごくうまい。ただ、僕らの時代はひたすらインステップで、膝下を固定した状態でのリフティングを何回も繰り返していました。これを続けることで、強くインパクトするための場所や感覚を身に付けることができた。そういうところにも、キックに対する意識の低下が、現れているような気がするんです」

 現在の日本代表にも、細かなテクニックに秀でた選手は数多くいる。ただし、プレースキッカーが吉田1人では、心許ない。キッカーの位置に複数の選手が立てば、相手GKはタイミングとコースを読みづらくなるし、距離のある位置からのFKならば、ヘディングの強い吉田はゴール前に置きたい。

ハリルジャパンの候補者は、原口元気!

 ならば、ハリルジャパンの新たなプレースキッカー候補は誰か。三浦氏が挙げたのは、以前、テレビ番組の企画でFKを指導したこともある原口元気だ。

「元気ならば、十分に可能性があると思います。番組では、こすり気味に蹴り上げて横に曲げるシュートと、強いインパクトで縦回転をかけて落とすシュート、そして無回転のシュートを教えました。

 その中でも元気の縦回転のシュートは、かなりうまい。壁を越えたところから、ぐんと落ちるんです。股関節の向きや、シュートフォームもこのキックに向いているのだと思います。少し練習すれば日本代表でも十分、武器になるレベルだと思います」

 W杯本番までは、あと半年。間に合いますか? こう問うと、三浦氏は力強く頷いた。

「元気だけじゃなく、日本代表のどの選手も、6カ月あれば十分に間に合います。1日10本のキックでもいい。それならば、全体練習後にやってもコンディションに影響することはありません。そして、とにかくそれを毎日続けてほしい。一度身についたキックの感覚でも、数日間練習しないだけで簡単に忘れてしまいますから。それができれば、きっと新たなFKの名手が現れますよ」

 ハリルジャパンの選手たちに、三浦氏の言葉が届くことを信じて――。

関連記事

BACK 1 2 3
三浦淳寛
遠藤保仁
原口元気
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ