ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

お金や地位より旅を選ぶゴルファー。
川村昌弘「シードがない方が……」 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byYoichi Katsuragawa

posted2017/12/27 07:00

お金や地位より旅を選ぶゴルファー。川村昌弘「シードがない方が……」<Number Web> photograph by Yoichi Katsuragawa

クリスマスの夜に羽田空港へ到着した川村昌弘。まだしばらく、「普通」に捉われるつもりはない。

日本の普通とインドの普通は、驚くほど違う。

 川村昌弘は、やっぱり普通じゃない。

 けれど、立ち止まってみると、普通って一体なんだろう。

 誰もが一度は頭を悩ませる問題について、彼はその答えを導き出す体験を重ねている。

 帰国直前のインド・コルカタでの試合期間中、川村はSSP.チャウラシアという、欧州でもプレーする地元のスター選手に夕食に招かれた。

 現在39歳のチャウラシアは幼い頃、今大会が行われたロイヤルコルカタGCの脇に住んでいた。父の仕事は同コースのグリーンキーパー。軒先にあった9番ホールのグリーンは、お客さんが帰った後の子どもたちの遊び場であり、絶好の練習スペースだった。

 チャウラシアは17歳でプロ転向するまで、アマチュアの公式大会でプレーしたことがなかったという。川村は「彼はジュニアの時に試合に出られず、地元のコースでとにかく練習して、賞金を稼ぐためにプロになった。2006年にアジアンツアーに参戦するまでは、インド国内のツアーでコツコツお金を貯めていたそうです」と本人から話を聞いた。

 エリート街道を歩み、高校卒業後にツアーですぐにシード権を取った自分とは、まったく違う境遇を経験してきたプロゴルファーが目の前にいる。

「僕も『うちの家はお金持ちじゃない、普通の家庭だよ』と言うけれど、それはインドでの『普通の家庭』とは同じじゃないと思う。アジアには小さい頃にボール拾いをして生計を立てながら、プロになった選手もいる。自分の思う普通と、彼らの普通は違うはずなんです」

「お金が続けば、ですよ。外国に行けるのも」

 テレビやネットや本で得た情報ではない。見て、聞いて、感じて。川村はゴルフを通じてそれぞれの国や地域の空気を吸い、自ら知見を広げ、思考を醸成している。

 クラブ片手に世界を巡る旅は一見、悠々自適な自由人生活のようで、24歳は「お金が続けば、ですよ。外国に行けるのも」と理解している。賞金を稼げなければ行動範囲は自ずと狭くなる。

【次ページ】 「世界中に友達ができたのは自分にとって何よりの財産」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川村昌弘

ゴルフの前後のコラム

ページトップ