ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

お金や地位より旅を選ぶゴルファー。
川村昌弘「シードがない方が……」 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byYoichi Katsuragawa

posted2017/12/27 07:00

お金や地位より旅を選ぶゴルファー。川村昌弘「シードがない方が……」<Number Web> photograph by Yoichi Katsuragawa

クリスマスの夜に羽田空港へ到着した川村昌弘。まだしばらく、「普通」に捉われるつもりはない。

シードを失いかけると追い詰められるものだが……。

 6月のアジア遠征の最中、インド洋に浮かぶスリランカまで足をのばした。観光案内をしてくれたのはこれまた同国出身のプロゴルファー。約130年前、イギリス領だった島国に作られたゴルフ場をラウンドして「アジアで2番目に古いといわれるコースなんです」と興奮した。舗装が十分でない道路を走る車に乗り込み、“天空の宮殿”といわれる世界遺産・シーギリヤロックにも登ってきた。

 川村は今季、各ツアーで翌年の出場権確保に苦しんだ。秋口に復調の兆しを感じながら、好成績が出ないまま海外ツアーのシードを喪失。日本ツアーでも賞金ランキング71位と振るわず、来季前半戦の限定的な出場資格を得るにとどまった。

 シード喪失危機に瀕したプロゴルファーにとって、1年の終盤戦は実にセンシティブな時間だ。精神的に追い込まれ、それがまたコースで悪循環を呼ぶ。「食事ものどを通らない」状況が、あながち比喩にならない。

 ただ、彼はどうだったか。

 11月のはじめ、日本ツアーのシード維持さえも危ぶまれていた状況で、川村は開き直ったようでもなく、現状を悲観するでもなくこう言った。

「シードのこと……確かに考えますよ。でも、思うんです。ゴルフって、世界中でやっているんですよ。タイでも、フィリピンでも、インドでも。それぞれの国にプロツアーがある。確かにアメリカや日本みたいな大きなツアーじゃないけれど、そこで腕を磨くのもいい」

「シードがない方が、もっといろんな国に行けるかも」

 一般的なゴルフファンが頭に浮かべる「ツアー」とは、男子でいえば米、欧、日、アジアン、豪、南アの6大ツアーに代表される、世界ランキングのポイントが付与される大会が並ぶツアーのことだ。

 それが、川村に言わせればもっと広い、本来の意味になる。「こういう言い方は良くないけれど、考え方によっては日本のシードがない方が、もっといろんな国に行けるかもしれないなあって……」とまで、つぶやいたのだった。

【次ページ】 日本の普通とインドの普通は、驚くほど違う。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川村昌弘

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ