濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

AKBメンバーの試合に聖地熱狂!
『豆腐プロレス』興行という脅威。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by(C)WIP2017製作委員会(C)AKS

posted2017/09/01 08:00

AKBメンバーの試合に聖地熱狂!『豆腐プロレス』興行という脅威。<Number Web> photograph by (C)WIP2017製作委員会(C)AKS

メイン後の4人。写真左から、道頓堀白間、ハリウッドJURINA、チェリー宮脇、ロングスピーチ横山。JURINAは「いつ何時でも誰の挑戦でも受ける」とコメントを残した。

『豆腐プロレス』はこれからも続いていく可能性が!?

 エンディングからしても『豆腐プロレス』の世界が続いていくことに期待するファンは多いだろう。

 仮に年数回のドラマ特番と興行開催が継続するとして「プロレスでの活躍(頑張り)によって知名度や総選挙の順位を上げるメンバー」が出てくる可能性だってある。

 そして興行が続けば、既存の女子団体が軒並み“食われる”ことだってあるかもしれない。

 練習と試合を重ねればクオリティは上がっていくだろうし、そもそも現時点で松井珠理奈以上に“客を呼べる”レスラーなど誰もいないのだ。

これが“偽物”なら“本物”とは何なのか?

 選手や関係者、古株のファンが「あんなものプロレスじゃない」と批判するのは簡単だ。

 ただその場合、「どんなもの」がプロレスなのか、プロレスのプロとは何かを問い直す必要も出てくる。

 練習量か、受け身のうまさなのか、全団体共通の“プロ”の基準なんて本当にあるのか。

 体が大きいのは武器になるが、女子プロレスは超人や怪物ばかりで“もつ”世界なのか。

 あくまで強さが大事だと言うのなら「身内だけでやってないでUFCでもRIZINでもぜひ。できればアマチュアMMAからどうぞ」という話にもなってくる。

「自分は実際それをやっている」と胸を張っていい選手は、ごくわずかだ。

プロレスそのものが「あんなもの」と言われ続けてきた。

 昭和の時代には新日本プロレスが全日本プロレスを批判した。

 ジャイアント馬場を批判したアントニオ猪木も、体力が衰えると批判された。

 その後もメジャーがインディーを批判し、デスマッチやアメリカンプロレスのエンターテインメント路線を否定するファンもいて、いつでも誰かが何かを「あんなもの」と言っている。

 プロレス自体、世間から「あんなもの」と言われ続けてきたのに。

【次ページ】 ボイス山田はプロの団体でも即戦力では?

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

AKB48
松井珠理奈
ハリウッドJURINA
HKT48
宮脇咲良
チェリー宮脇
白間美瑠
横山由依
ユンボ島田
島田晴香
クイウチ松村
SKE48
松村香織
ボイス山田
NGT48
山田野絵

プロレスの前後のコラム

ページトップ