ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

伝説の女子プロレスラー、小畑千代の野心と矜持。~長嶋茂雄とも通じる、女子プロレスの立役者~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2017/08/23 07:00

伝説の女子プロレスラー、小畑千代の野心と矜持。~長嶋茂雄とも通じる、女子プロレスの立役者~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『女子プロレスラー小畑千代 闘う女の戦後史』秋山訓子著 岩波書店 1900円+税

 スポーツ新聞社では野球記者だったが、自分では、ユーティリティ(便利屋)記者、と思っていた。多くの競技をのぞいたが、女子プロレスは無縁だった。けれども、小畑千代の名前は聞き知っていた。本書の帯は謳う。彼女は81歳の今も「引退は、していない」と。

 小畑は、1955年にデビューし、最後の試合は1976年。しかし、闘志はいまも健在だ。日本女子プロレスの歴史であり、生きた伝説。そのリング歴の多くの試合を団体に所属せずインディペンデントとして、つまり、レスラーとしてだけでなくプロモーター兼任で戦った。昔から興行にはアンダーワールドの影がのぞく。そんな“ちょっと怖い男たち”とも渡り合った独立自尊の姿勢がすごい。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

小畑千代
秋山訓子

プロレスの前後のコラム

ページトップ