濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

AKBメンバーの試合に聖地熱狂!
『豆腐プロレス』興行という脅威。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by(C)WIP2017製作委員会(C)AKS

posted2017/09/01 08:00

AKBメンバーの試合に聖地熱狂!『豆腐プロレス』興行という脅威。<Number Web> photograph by (C)WIP2017製作委員会(C)AKS

メイン後の4人。写真左から、道頓堀白間、ハリウッドJURINA、チェリー宮脇、ロングスピーチ横山。JURINAは「いつ何時でも誰の挑戦でも受ける」とコメントを残した。

表情やコール時のポーズ、舞台度胸は一級品!

 だが見方を変えると、“それでも面白く見せるための工夫”が満載だったということだ。

 プロレス好きとしては、誰がどの技を使うか、どんな技を受けるかを確かめるのも興味深い。加えて表情やコール時のポーズ、舞台度胸は一級品。

 メイン出場の4人、松井珠理奈&白間美瑠vs.横山由依&宮脇咲良は決して運動神経抜群には見えなかったが、フィッシャーマンズ・スープレックスやサクラスペシャル=エメラルドフロウジョン、デスティーノといった大技を出したのはメインイベンター(アイドルでいえばセンター)の意地と責任感からだろう。

 セミファイナル、ヒール軍団の工事現場同盟ことユンボ島田(AKB48・島田晴香)&クイウチ松村(SKE48・松村香織)をベビーフェイスではなく、本物の外国人レスラー(が演じるキャラクター)と闘わせたのもマッチメイクの妙だ。

 島田、松村はメンバーの中でも「できる」ほうで、だからこそ本職相手にガンガン向かっていくことで迫力が増した。怪我をさせてはいけないといった遠慮がいらなかったわけだ。

 2人の能力を見事に引き出した相手チームに対して「さすが」と思ったファンも多いのではないか。

試合は“作りごと”だけじゃなかった。

 何より驚いたのはメイン後の光景だ。

 出場メンバーが集まってドラマの主題歌『シュートサイン』を披露。ここで終われば大団円、アイドルイベントとして収まりがいい。しかし、終わらなかったのである。オクトパス須田(SKE48・須田亜香里)らがJURINA&白間のチャンピオンタッグを襲ってベルトを強奪、白間が寝返ったように見える場面も。いわゆる「バッドエンド」だ。

 須田曰く「闘った後なのになんで仲良く歌ってんだ!」、「試合やってフラフラのはずじゃないのか!」。

 ミもフタもないとも言えるが、アイドルイベントとしてのきれいな着地よりもプロレスとしての納得感を選んだということか。

 見事なエンディングに見えた。

【次ページ】 選手(アイドル)たちは、プロレスの深淵を覗いた!?

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

AKB48
松井珠理奈
ハリウッドJURINA
HKT48
宮脇咲良
チェリー宮脇
白間美瑠
横山由依
ユンボ島田
島田晴香
クイウチ松村
SKE48
松村香織
ボイス山田
NGT48
山田野絵

プロレスの前後のコラム

ページトップ