野ボール横丁BACK NUMBER

満塁弾の応酬とスクイズ失敗、強気。
選手が監督を超えた盛岡大付は強い! 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/08/19 14:30

満塁弾の応酬とスクイズ失敗、強気。選手が監督を超えた盛岡大付は強い!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

独自の打撃改革を進めており、常に「5点以上とる野球」を目指すという、盛岡大附の関口監督。

「うちのいいところを、どんどん出していこう」

 8回表には好投していた三浦瑞が四球を選び、そこに代走・三浦奨を送る。その三浦奨は盗塁を決め、チャンスを演出した。

「もう、うちのいいところを、どんどん出していこうと思った」

 1点ビハインドのまま9回表を迎える。

 打順は、ここまで本塁打のない3番・植田拓から。

 関口は「自信を持って行け!」と植田の背中を押した。すると、その植田がバックスクリーン左に同点弾を放り込んだ。植田はこう感謝する。

「監督の言葉で打てたようなものです」

「ホームランは、シンボルマークのようなもの」

 同点のまま延長に入り、10回表、1点を勝ち越し、なおもノーアウト二、三塁で再び植田に回る。

 ボールカウントは3ボールとなったが、関口は、もう迷わなかった。

「思い切り行け、と。『待て』とかは考えなかった」

 植田のフルスイングによって舞い上がった打球は、今度はバックスクリーンに飛び込んだ。

 強打が売りの盛岡大附の主力打者を迎えると、相手チームの外野はフェンスギリギリまで下がる。関口は、極端なシフトについて、こう話していた。

「嫌なもんですよ。いい当たりが、捕られてしまったり……。だから、前に落とせばいいんだ、って。今年のチームに長打は求めていない」

 しかし、この日、盛岡大附の放ったホームランは、そのシフトの上を越えていった。

 らしい勝ちっぷりに、関口の口は滑らかだった。

「うちにとってホームランは、シンボルマークのようなもの。出ると、それで一気に乗って行ける。今日は選手に迷惑をかけっぱなしだった。もう任せた方がいいですね。余計なことはしない方がいいかも」

 選手が監督を超え、それに監督が気づいたチームは、強くなる。

関連記事

BACK 1 2
関口清治
済美高校
小林由伸
宇都宮佑弥
吉岡秀太朗
三浦瑞樹
平松竜也
植田拓
盛岡大附属高校

高校野球の前後の記事

ページトップ