野球善哉BACK NUMBER

2番梶谷、9番倉本、そして3番筒香。
ラミレス監督の奇策が成功する理由。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/07/04 07:00

2番梶谷、9番倉本、そして3番筒香。ラミレス監督の奇策が成功する理由。<Number Web> photograph by Kyodo News

NPBでの指導者経験がない状態で監督に就任したラミレス監督。しかし、彼の手腕を疑問視する人はもういない。

筒香の前の打者にも、後ろの打者にもプラスの影響が。

 積極性が持ち味の桑原将志が1番手として切り込み、トリプルスリーを狙うポテンシャルがある梶谷を2番に起用する。そして3番に筒香を置くことで、相手投手は1、2番に対してストライクゾーン勝負を余儀なくされ、プレッシャーを与えることができる。

 ラミレスの言葉にあるように、筒香が4番だと好機を2死で迎えることも多く、四球OKの配球で攻められる。しかし3番となれば、後ろに控えるロペス、宮崎の存在が脅威となり、筒香と勝負せざるを得ないだろう。

 たとえ筒香を避けたとしても、かなりリスクが高まる。

チャレンジは、批判に合う可能性と背中合わせである。

 そして、イニングは必ず1番から始まるものとは決まっていない。そのため、9番・倉本も貴重な存在となってくるわけである。

 シーズン序盤こそ不調だったが、倉本は徐々に打率をあげ、昨季の勢いを取り戻しつつある。「スタメンから外してくれ」と指揮官に直談判しようとした時期があったと本人は語るが、9番に入るようになってからは出塁に集中するようになり、上り調子になった。

 8番の投手で攻撃が終わり、次の回が倉本から始まれば、桑原、梶谷とつないで筒香を迎えるのだ。一気集中打線は、茂木、ペゲーロで最強の1、2番を組んだ楽天と重なるが、9番まで絡めたのは、さらに一歩踏み込んだ試みと捉えることができるだろう。

 とはいえこれらのチャレンジは、必ずしもすべての人に好意的に受け止められるとは限らない。

 梶谷は本来3番が打てる選手だし、9番・倉本にしても、一般的な観点からすれば、昨年務めた6番からの「降格」と思われかねない。筒香だって「主砲」、「4番」の看板が外されたともいえる。斬新なチャレンジである反面、組織を歪めるリスクを背負った決断だった。

【次ページ】 筒香「僕らに話す前にメディアに口にすることはない」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アレックス・ラミレス
横浜DeNAベイスターズ
筒香嘉智
梶谷隆幸
倉本寿彦

プロ野球の前後のコラム

ページトップ