野球善哉BACK NUMBER

2番梶谷、9番倉本、そして3番筒香。
ラミレス監督の奇策が成功する理由。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/07/04 07:00

2番梶谷、9番倉本、そして3番筒香。ラミレス監督の奇策が成功する理由。<Number Web> photograph by Kyodo News

NPBでの指導者経験がない状態で監督に就任したラミレス監督。しかし、彼の手腕を疑問視する人はもういない。

DeNAのサードチャレンジが、早速成功の気配。

 週末の巨人との3連戦では、新ラインアップが機能した。

 1戦目は筒香の前後を打つ梶谷とロペスの本塁打で勝利を挙げ、2戦目には下位打線でつないだ好機に1番・桑原のグランドスラムで逆転勝ちした。第3戦は「3番筒香」を継続する一方、2番の梶谷を6番に回し、石川を2番に起用。これもまた成功した。2回表にロペスの本塁打で先制すると、9番・倉本の適時打で2点を追加。3回には石川の出塁から筒香の2点本塁打でリードを広げた。そこからさらに攻め立て、終わってみれば9点大勝。3連勝を挙げた。

 ただ、その結果は奇抜な作戦が当たっただけではない。

 選手を信頼し、リスペクトしてきたからこそ組織が機能しているのだ。

 今季初の貯金を2に伸ばし、2位・阪神から2ゲーム差と好位置につける。

 DeNAの“サードチャレンジ”は、上位進出を見据え大きな一歩になっている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アレックス・ラミレス
横浜DeNAベイスターズ
筒香嘉智
梶谷隆幸
倉本寿彦

プロ野球の前後のコラム

ページトップ