ゴルフPRESSBACK NUMBER

石川遼が4時間アップをする理由。
好スタートの陰に新・肉体調整法。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2017/01/24 07:00

石川遼が4時間アップをする理由。好スタートの陰に新・肉体調整法。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

年間通じてのラウンドが求められるプロゴルファーだからこそ。石川は自らの肉体と対話してコンディションを整える。

「脳からカラダを治します」を実際に体験してみた。

「脳からカラダを治します」

 トレーナーの名刺には、そう謳われていた。その意味も最初はわからなかった。

 百聞は一見にしかずということで、石川がそのトレーナーから受けている肉体調整法のほんの一部を、私が実際に体験してみることになった。

「立ったまま、背中側で両手を(手のひらを上にして)組んでみてください」

 言われた通り、私が背中側で組んだ両手のひらの上にトレーナーは自分の拳を乗せ、体重をかけながら押し下げていった。

「こらえられるだけ、こらえてくださいよ」

まるで手品か魔法のように重心の調整が。

 しかし、ある時点で私は体のバランスを崩し、よろけてしまった。同じことを背中側だけではなく体の右側、左側、正面でも行った結果、トレーナーは私の体の歪みを即座にこう指摘した。

「重心が体の右前に動いてしまっている。でも、すぐに治してさしあげましょう」

 右手の甲、左手の甲、そして頭を本当に軽く優しく触るだけ。所要時間は、わずか3分? いや、2分?

「はい、重心の調整ができましたよ。それでは、もう一度、両手を組んでみてください」

 数分前に行ったのと同じように、体の前後左右で組んだ私の両手のひらをトレーナーが押し下げていくと、さっきまではすぐにふらついてしまった背中側や体の左側で、私の体は全然ふらつかなくなっていた。体全体、とりわけ下半身の安定性が増したと実感できた。

 それが「脳からカラダを治す」ということらしい。

 すごい! まるで手品か魔法のようだった。

【次ページ】 肉体を芯から強化するというトータルケア。

BACK 1 2 3 4 NEXT
石川遼

ゴルフの前後のコラム

ページトップ