濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

“学プロ上がり”の“どインディー”。
ガッツワールドが志すプロレスの王道。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byYukio Hiraku

posted2016/05/15 11:00

“学プロ上がり”の“どインディー”。ガッツワールドが志すプロレスの王道。<Number Web> photograph by Yukio Hiraku

ガッツ石島(左)とミスター雁之助がリング上で雄叫び! ふたりとも学生プロレスの経験者だ。

古典的だが息をのむグラウンド技の応酬。

 試合開始から20分にわたって続いたグラウンドのせめぎ合い。

 チャンピオンのダイスケがインディアン・デスロックや弓矢固めを見せれば、雁之助は首四の字固め、クルック・ヘッドシザースでスタミナを奪いにかかる。多彩な“腕殺し”の攻撃も。これはダイスケの得意技であるエルボー封じの布石だった。

 ミもフタもなく言ってしまえば、地味な展開である。なのに、見ていてまったく退屈しない。むしろ、流れるような技のつなぎを堪能し、「こんなテクニックも使うのか」と驚かされた。

 シンプルでストレートな“プロレスそのもの”を味わう喜びと言えばいいだろうか。そういう試合が“どインディー”のリングで繰り広げられたのだ。

“どインディー”が受け継ぐ王道の遺伝子。

 一度は引退しながら、一昨年の後楽園大会で復帰を果たし、久しぶりにベルトを巻いた雁之助は「俺はハヤブサの気持ちと一緒にリングに上がってる。だから負けるわけにはいかない」と言った。雁之助はFMW出身。今年3月に亡くなったハヤブサとは大学時代からの親友だった。来月で48歳になるが「今が一番調子いい。それだけの練習をしてるからね」とも語っている。

 FMWという“元祖インディー団体”で新人時代を過ごした雁之助は、師匠であるターザン後藤からレスリングの手ほどきを受けた。ターザン後藤は全日本プロレス出身。つまり雁之助のプロレスは“ジャイアント馬場の系譜”にあたる。ダイスケとの試合で連発したジャンピング・アームブリーカーは、馬場がここ一番で使った技でもある。「インディーに何ができる」とナメられないためにも、腕の取り方一つにまでこだわってきた。

 そしてガッツワールドの選手たちは、雁之助と闘い、時にアドバイスを受けることでプロレスの質を高めていった。“学プロ上がり”の根無し草は、いつしか根を生やし、太い幹を伸ばしていた。雁之助が必死で練習に励むのも、ダイスケをはじめとする「最初は全然、俺に敵わなかった」選手たちが「今ではみんなライバルになった」からだ。

【次ページ】 雁之助「どこに出しても恥ずかしくない」

BACK 1 2 3 NEXT
ガッツワールド
ガッツ石島
吉野達彦
ダイスケ
ミスター雁之助
ターザン後藤
ハヤブサ

プロレスの前後の記事

ページトップ