濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

“学プロ上がり”の“どインディー”。
ガッツワールドが志すプロレスの王道。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byYukio Hiraku

posted2016/05/15 11:00

“学プロ上がり”の“どインディー”。ガッツワールドが志すプロレスの王道。<Number Web> photograph by Yukio Hiraku

ガッツ石島(左)とミスター雁之助がリング上で雄叫び! ふたりとも学生プロレスの経験者だ。

雁之助「どこに出しても恥ずかしくない」

 試合後のリング、それにインタビュースペースで、雁之助は何度も「ガッツワールドはどこに出しても恥ずかしくない団体」だと言った。「食わず嫌いしないで、とにかく一回見てほしい」とも。

 異論はまったくない。

 タイトルマッチの経験を重ねてオールラウンダーぶりに磨きをかけたダイスケ、吉野の身体能力、タッグ戦線を盛り上げる翔太のインサイドワークなど、初めて見る観客は「こんなに凄いことをやってるのか」と目から鱗が落ちるはずだ。

 ただ、これからは「どこに出しても恥ずかしくない」ことは前提にすぎなくなってくるだろう。もはやガッツワールドは「学プロ上がりでもここまでできる」と誇るようなレベルではないのだ。

 今後のテーマは“シンプルでストレートなプロレス”という太い幹にどんな枝葉を繁らせるか。それが見えてきた時、後楽園大会も特別なものではない、当たり前の光景になっているはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
ガッツワールド
ガッツ石島
吉野達彦
ダイスケ
ミスター雁之助
ターザン後藤
ハヤブサ

プロレスの前後の記事

ページトップ