サムライブルーの原材料BACK NUMBER

ハリルはなぜ森重真人を指名した?
代表キャプテンを巡る、歴史と個性。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/04/21 11:00

ハリルはなぜ森重真人を指名した?代表キャプテンを巡る、歴史と個性。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

森重真人が代表でキャプテンマークを巻いたのは、ウズベキスタン戦が初めて。熱さと冷静さを併せ持つ森重は、確かにキャプテンに相応しいキャラクターだ。

「10のうち自分のことを9考えていた」

 森重は現在、J1好調を維持するクラブでキャプテンを務めている。2013年からキャプテンマークを巻いて3年目で、リーダーとしてチームをけん引する立場だ。

 FC東京でのキャプテン就任が、彼のターニングポイントの一つでもあった。

「キャプテンになる以前はほとんど自分のことしか考えていなくて、10のうち自分のことを9考えるとしたら、チームのことは1ぐらい。(キャプテンになって)自分のことを9のままにしながら、チームのことを2、3、4と増やしていくような感覚でした。今はもうそんな割合のことなんて考えないけど、(当初は)自分のことをおろそかにしないで、ちょっとずつチームのことを考えていこうと。無理に上げようとしてしまうと、どうしても自分のことがおろそかになってしまうと思ったので」

 自分のプレーに責任を持ったうえで、チーム全体を考える割合を徐々に引き上げていった。トータルを「10」から、「12」「13」と増やしていく。周りが見えるからこそ、また違う自分も見えてくるというもの。2013年7月の東アジアカップ以降、代表に定着していったのも、FC東京のキャプテンとして自分のキャパシティー全体を広げたことが、結果的にプレーヤーとしての成長を促した形となった。

代表でレギュラー獲りを目指す時、意識は個人に集中した。

 1年前のこと。

 ブラジルW杯のメンバー発表前にインタビューした際、彼は言っていた。

「センターバックの2人(吉田、今野)からポジションを奪いたいというその気持ちだけ」

「僕の目標の立て方として、W杯という目標の手前にレギュラー獲りという目標がある。そういったものにまず向かっていきたいというのが、正直なところです」

 無風に近かったセンターバックのポジション争いに風穴を開け、レギュラー獲りに意欲を燃やしていた時期。代表では、自分を高めていくことがすなわちチームに対する貢献につながるというスタンスであったように思う。それこそ個人の「9」のほうに全神経を注がなければならなかった。

【次ページ】 代表でも「チームに中心になっていかないと」。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森重真人
ヴァイッド・ハリルホジッチ
長谷部誠
宮本恒靖
中澤佑二

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ