SCORE CARDBACK NUMBER

「運」をゴールに変えた川又堅碁の覚悟と準備。
~ハリル采配に応えた代表初得点~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/04/27 10:00

「運」をゴールに変えた川又堅碁の覚悟と準備。~ハリル采配に応えた代表初得点~<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

昨季、W杯明けに新潟から名古屋に移籍した川又は、フィジカルを活かしたプレーが特長。

 ラッキーボーイは、現れた。

 バックアップメンバーだった川又堅碁はチームにケガ人が出たことで追加招集されるとハリルジャパンの初陣となったチュニジア戦で先発に抜擢され、続くウズベキスタン戦でも6番目の交代でピッチに入って代表初ゴールを奪った。

 そもそも「バックアップ」に名を連ねたこと自体がラッキーと言うほかない。メンバー発表前日のヤマザキナビスコカップ川崎フロンターレ戦で今季初先発して2ゴールを挙げ、その会場にハリルホジッチ監督が視察に来ていたのだから。

 だがゴールはラッキーでは生まれない。

 代表の“末席”で入ってきた立場。結果を残さなければ、生き残れないことは分かっていた。チュニジア戦では体を張ったプレーで目を引きながらも、ヘディングシュートをバーに当てた。彼は交代してからも、ベンチから食い入るように試合を眺めていた。自分に何が足りなかったかを、必死に探そうとしていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

川又堅碁
ヴァイッド・ハリルホジッチ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ