Jリーグ万歳!BACK NUMBER

ACLの“ルーズさ”を知り尽くした柏。
「予想通り」発言を裏付ける経験とは。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/03/18 11:45

ACLの“ルーズさ”を知り尽くした柏。「予想通り」発言を裏付ける経験とは。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

この試合の2得点すべてに絡む活躍を見せた輪湖直樹。柏ユースから甲府、徳島、水戸を経て昨年から柏のトップチームでプレーしている。

クラブスタッフが考える「ACLでやるべきこと」とは?

 柏のあるクラブスタッフによれば、ACLは出場するたびに“やるべきこと”の細部が異なるという。

 例えば、レギュレーション。

 例えば、ウォームアップ開始の時刻。

 他にも、細かい部分でいろいろなことが変化し、対応を迫られる。

 柏の場合、そうした大会運営のルーズさを近年何度も経験し、そのたびに攻略法を練り直し、トライし、クラブ全体でノウハウを蓄積してきたことが自信の根本にある。“余裕”と言ったら語弊があるかもしれないが、クラブ全体にそうした空気を感じ取れるのもおそらくそのためだ。選手たちはどんな相手にも動じないし、何が起きても“やるべきこと”を貫こうとする。

 2011年に経験したFIFAクラブW杯の興奮と意義は今もなお彼らの記憶に刻まれており、「もう一度あの大会に出たい」という選手のモチベーションは極めて高い。そうした意識の高さが、昨シーズン最終節でのACL出場権獲得につながったことは間違いない。

「慣れるということはありません。でも、この大会をどう戦うべきか、どう準備すべきかというベースはクラブ全体にある。選手だけでなく、スタッフを含めて、問われるのは応用力ですね」

 前述のスタッフは、そう言って笑った。

吉田監督「これがACL」「これがサッカー」。

 なぜ、柏だけがACLで結果を残すことができて、他の3チームにはそれができないのか。その答えは、結論から言えば「ない」。

 というより、答えを出すべきものでもない。

 柏の勝利は、吉田監督が言うとおり「予想どおり」「思っていたとおり」「狙っていたとおり」にことが運んだからこそ得られたもので、サッカーにはそうならない局面もある。グループリーグの組み合わせ、相手との相性、その時々のチーム状況、そして運。今の柏にあるのは、ACLという特殊な舞台で、不確かな状況にも惑うことなく「やるべきこと」を遂行するための経験と自信だ。

 とはいえ、現状の満足感は第3節を終えた時点のものに過ぎない。これから3連敗を喫する可能性もあるし、すべてが「予想どおり」「思っていたとおり」「狙っていたとおり」に進むとは限らない。逆に言えば、浦和も鹿島もG大阪も連敗したからと言ってそれで終わりではない。可能性がある限り大会は続くのだから、「柏だけが結果を残している」「日本勢がACLで勝てない」と結論づけるのはまだ早い。

 吉田監督の言葉を借りれば、「これがACL」であり「これがサッカー」。そのことを熟知する柏とて、選手たちは「リスクを冒しながら、薄氷の上を歩きながらトライしている」のである。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
柏レイソル
山東魯能
吉田達磨

Jリーグの前後の記事

ページトップ