NumberEYESBACK NUMBER

パンパシで“金”ラッシュ、日本競泳陣の収穫。
~過去最多のメダル19個獲得~ 

text by

折山淑美

折山淑美Toshimi Oriyama

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2014/09/12 10:00

パンパシで“金”ラッシュ、日本競泳陣の収穫。~過去最多のメダル19個獲得~<Number Web> photograph by Takao Fujita

6種目出場の萩野は、個人メドレー2冠を含む5種目でメダル獲得。

 8月24日までオーストラリア・ゴールドコーストで開催された競泳パンパシフィック選手権。屋外プールで雨に見舞われて気温は15度前後という厳しいコンディションの中、日本チームは過去最多の金7個を含めて銀8、銅4という成績を残した。

 アメリカは8月上旬に全米選手権、オーストラリアも7月下旬のコモンウェルスゲームを戦ったばかり。万全とはいえないライバルに対して日本は、過去最高の“金10個”を目標にした。その理由を平井伯昌監督は「パンパシの金は世界大会のメダル獲得につながると考えているから」と説明する。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

萩野公介
星奈津美
渡部香生子
マイケル・フェルプス
小関也朱篤
入江陵介
マット・グレイバーズ
瀬戸大也
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ