SCORE CARDBACK NUMBER

練習の“スペイン化”は
カルチョ復活の第一歩か。
~イタリアで脱“無意味な筋トレ”~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/01/09 08:00

練習の“スペイン化”はカルチョ復活の第一歩か。~イタリアで脱“無意味な筋トレ”~<Number Web> photograph by AFLO

今季ユーベ監督に就任したデルネーリはキエーボ、サンプドリア等で実績を残した戦術家

 先日、イタリアの地元紙である特集が組まれた。

「サッカー界を席巻するスペインはどんな練習をしているのか?」というものだ。

 イタリア代表はW杯でまさかのグループリーグ敗退。クラブレベルでも低迷は著しく、UEFAランクではドイツに抜かれ、今季のCLではインテル、ミラン、ローマのイタリア勢はいずれもグループリーグを辛うじて突破するという有様だ。

 一方でW杯初優勝を果たし、バルセロナに代表されるようにクラブレベルでも元気なスペインサッカー。「スペインから学ぼう」というわけである。

 両国の練習を比較すると、まず異なるのが練習時間の長さだ。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ