SCORE CARDBACK NUMBER

多村仁志を変貌させた、
優勝への「飢餓感」。
~故障なく7年ぶりVの立役者に~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/10/03 06:00

多村仁志を変貌させた、優勝への「飢餓感」。~故障なく7年ぶりVの立役者に~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

15日、今季の出場試合が133試合になり、移籍1年目の132試合を超え過去最多出場を記録

 西武優勝までのマジックが「4」となって迎えた9月18日からの3連戦。ソフトバンク・秋山幸二監督が最も頼りにしたのは、はえ抜きの小久保裕紀でも松中信彦でもなく、5番を打つ多村仁志であった。

 第1回WBC代表の4番候補と言われたほどの素材に王貞治監督がホレ込んで多村を獲得したのは、4年前のこと。

 名門・横浜高時代からその素質は折り紙つき。しかし'95年の横浜ベイスターズ入団時から期待されながら、「あそこが痛い、ここが痛いの多村」と言われるほど故障が多い選手だった。ソフトバンク入団後、秋山幸二コーチ(当時)の猛練習についていくことでケガに強い多村に変身しようとした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 617文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

そうだったのか! 欧州サッカー。

Sports Graphic Number 763

そうだったのか! 欧州サッカー。

 

関連記事

多村仁志
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ