Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<五輪、WBCで背負ったもの>
杉浦正則×谷繁元信 「日の丸の重みを語ろう」 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/02/28 06:00

<五輪、WBCで背負ったもの> 杉浦正則×谷繁元信 「日の丸の重みを語ろう」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama
プロに背を向け、オリンピック3大会で力投し、
2つのメダルを持ち帰った“ミスター・アマチュア”。
そして、プロだけで編成された第1回WBCで
優勝の歓喜を味わった球界ナンバー1キャッチャー。
対照的な二人が語る、「あるべき日本代表」の姿とは。

 背負っているのは日の丸だ。

 その日の丸は、重いと言われる。

 バルセロナ、アトランタ、シドニーと、オリンピックで3度、日の丸を背負った“ミスター・アマチュア”こと杉浦正則(日本生命)は、その重さについてこう話した。

「僕にとっての“全日本”は寄せ集めのチームじゃなかったんです。4年に一度のオリンピックへ向けて、4年かけて本気でチームを作る。合宿を繰り返して、選手をふるいにかけて、やっとメンバーが選ばれる。それだけの長い時間をかければ、チームにいろんな人の思いが詰まっていくじゃないですか。何としてもこのチームに入りたい。入れたら、入れなかった選手の思いを背負うことになる。僕らの“全日本”はそういう重みのある、しかもその思いが長く続く場所でした」

 今から7年前のことだ。

 2006年3月19日。杉浦は自宅のテレビでWBCの準決勝を見ていた。杉浦が気にかけていたのは、この試合、スターティング・ラインアップから外れた福留孝介のことだった。杉浦はアトランタオリンピックのとき、当時19歳だった日本生命の後輩、福留を叱り飛ばしたことがある。

「アトランタのときって、最初は本当にどうしようもないチームだったんです(苦笑)。オリンピックの舞台をプロになるための自己アピールの場だと考えるような若い選手がたくさんいましたから。確かに孝介に僕、キレましたね(笑)。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4252文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州に生きる2013~ビッグクラブの壁を突破せよ~
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後の記事

ページトップ