Number on NumberBACK NUMBER

身長を克服する泳ぎ。
~入江陵介と寺川綾のメダルの価値~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byTetsuya Higashikawa/JMPA

posted2012/09/07 06:00

身長を克服する泳ぎ。~入江陵介と寺川綾のメダルの価値~<Number Web> photograph by Tetsuya Higashikawa/JMPA

200m背泳ぎで銀、100m背泳ぎで銅、男子400mメドレーリレーで銀と、ロンドン五輪で3つのメダルを獲得した入江陵介。200mの決勝後には、「最後の男子リレーの自由形の選手がタッチするまで、27人の選手のリレーは終わらないです」と名言を残した。

身長差を克服しての実績は、他競技の模範に。

 女子100mで銅メダルを獲得した寺川も同様だ。2位のシーボム(豪州)が1m80、寺川が1m73で7cm差。腕を伸ばした差が10cmと考えると、そのタイム差は0秒06に相当する。2人のタイム差は0秒15だったから、これも順位が逆転するほどではないが、寺川にシーボムの身長があれば、もっと接戦になっていたことは間違いない。

 バレーボールやバスケットボールでは、身長で負けていても、速く動いたり、タイミングを外したりすることで、低い選手に勝機も出てくる。だが競泳は、とにかく先にタッチした方が勝ちという競技だから、球技のように、身長の差を戦術で埋めることはできない。その差を埋めるには、泳ぎをよりよいものにしていく以外にない。

 背泳ぎほど分かりやすくはないが、自由形とバタフライも、体を伸ばしたまま泳ぐため、基本的には長身の方が有利だ。男子200mバタフライでは金のレクロー(南ア)1m84、銀のフェルプス(米国)1m93、銅の松田丈志が1m84。女子200mバタフライでも金の焦(中国)1m72、銀のベルモンテガルシア(スペイン)1m70、銅の星奈津美が1m64と、メダリストの中で、日本人選手が、身長面で優位に立っていた例はない。

 日本の選手たちは、スタートやバサロの技術を磨き、泳ぎを向上させて結果を出した。この実績は、他競技の模範と言えるだろう。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

入江陵介
寺川綾
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ