ロンドン五輪探検記BACK NUMBER

意外な「風」と「アップダウン」。
走って見つけた男子マラソンのツボ。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTetsuya Higashikawa/JMPA

posted2012/08/12 12:40

意外な「風」と「アップダウン」。走って見つけた男子マラソンのツボ。<Number Web> photograph by Tetsuya Higashikawa/JMPA

ビッグベンなど、ロンドンの主要観光地を網羅したマラソンコース。次々と表情を変える街並みをバックに、藤原新、中本健太郎、山本亮ら日本男子勢はどのような走りを見せてくれるのだろうか。

刺激のある風景がランナーを疲れさせる可能性も……。

 だが、このロンドンのコースは退屈とは無縁かもしれない。

 地元の人々には「観光案内」と揶揄されても、やはりビッグベンやロンドンアイ(テムズ川沿いの観覧車)が視界に飛び込んでくると自然と気分が盛り上がるし、「テクニカルなコース」と評論される旧市街地も、確かに道は狭いものの、カーブを曲がるごとにパッと景色が変わり、重厚な趣のビルに挟まれたかと思えば、ビルの合間から青空が綺麗に見えたり、アーケードをくぐったりする。

 これが思いのほか「いい刺激」になって、走っていてもまったく退屈を感じることはなかった。ぎりぎりサブ4ランナーとしては実際に走ってみて、とても楽しいコースだったのだ。

 だが、この刺激は逆に1キロを3分で走る選手たちにとっては過剰かもしれない。刺激がありすぎて、体力面だけでなく精神面で疲れてしまう選手もいるかもしれない。

 その意味では市民ランナーの退屈を紛らわせてくれるコースの変化を、ストレスに感じずに、うまく切り替えの材料にできた選手が旧市街をうまく走りぬける選手なのかもしれない。

 以上、3つのポイントからコースを紹介してきた。

 意外なアップダウン、天候に左右される風、そして飽きない風景がもたらす過剰な刺激。

 今日のレースでは、日本から出場する藤原新、中本健太郎、山本亮の3選手にエールを送り、息つく間もない先頭争いに目をこらしながらも、この場所を走っている自分を思い描きながら観戦すると、世界最高のマラソンレースをよりいっそう楽しめるかもしれません。

関連記事

BACK 1 2 3
藤原新
中本健太郎
山本亮
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ