ロンドン五輪EXPRESSBACK NUMBER

五輪3連覇の吉田沙保里と伊調馨。
対照的だったロンドンまでの道のり。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTetsuya Higashikawa/JMPA

posted2012/08/10 11:55

五輪3連覇の吉田沙保里と伊調馨。対照的だったロンドンまでの道のり。<Number Web> photograph by Tetsuya Higashikawa/JMPA

「北京からの4年間、いろんな事があって。負けを知って、また強くなれたかなと思います」と語った吉田(写真右)。「リオへの4年もあっという間だと思う」と語った伊調(写真左)は、前人未到の4連覇も匂わせた。

ロンドン五輪直前に、足首のじん帯を切っていた伊調。

 男子に混じって練習する中で、今まで知らなかった技を知り、理論を学んだ。

 レスリングの奥深さに気づくと、現役を続ける意欲が増していった。男子合宿に参加したことさえある。もしかすると……練習に対して自発的に取り組んだのは、初めてだったかもしれない。

 伊調にとって、新しいスタイルにチャレンジし、その成果を発揮する場がロンドンだったのだ。

 そして男子のレスリングから学んだことは、見事にロンドンで体現された。初戦では北京五輪準決勝で苦戦したマーティン・ダグレニアー(カナダ)を一蹴。

「私は4年前とは違うぞと思ってやっていました」

 決勝でも景瑞雪(中国)を相手に、「こんなにきれいに決まったのは4年ぶり」という両足タックルを決めるなど圧勝する。

 五輪では絶好調に見えた伊調だが、実は8月4日のロンドンでの練習中、左足首のじん帯のうち、1本半を切る怪我を負っていた。スパーリングも試合前まで行なえなかったという。

「万全でやりたかったし、よりによって今かと思いました」

 それでも相手を寄せつけなかったことが、あらためて、伊調の進化と強さを物語っていた。

「モチベーションが落ちるというのが分からないんです」

 吉田は伊調とは異なり、北京五輪後も休むことなくレスリングを続けてきた。

 オリンピックのあと、一時的に休養する選手も珍しくない中、アテネから北京へ、北京からロンドンへと休み知らずだった。そして世界選手権でも勝ち続けた。

 以前、吉田になぜモチベーションが低下しないのか、休もうとは思わないのかと尋ねたことがある。吉田は即答した。

「何度も聞かれますが、モチベーションが落ちるというのが分からないんです」

 そう明るく答えた吉田だったが、危機感を抱いていた人もいた。吉田を大学生の頃から指導してきた全日本女子の栄和人監督だ。

「練習っぷりや態度を見ていても、2度オリンピックで金メダルを獲って満足感があるんじゃないか。そんな風に感じるんですよ。言ってもなかなか聞かないときもあるし」

 成績だけ見れば強さは変わらない。それでも指導する立場から見ると、どこか以前とは違うように見えていたのだ。

 それが現実となって表れたのが、今年5月のワールドカップだった。ロシアの若手選手ワレリア・ジョロボワに敗れたのだ。

 4年ぶりの敗戦だった。

【次ページ】 五輪直前の敗戦で、吉田の態度がガラリと変わった。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊調馨
吉田沙保里
伊調千春
景瑞雪
栄和人
ワレリア・ジョロボワ
マーティン・ダグレニアー
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ