ロンドン五輪EXPRESSBACK NUMBER

五輪3連覇の吉田沙保里と伊調馨。
対照的だったロンドンまでの道のり。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTetsuya Higashikawa/JMPA

posted2012/08/10 11:55

五輪3連覇の吉田沙保里と伊調馨。対照的だったロンドンまでの道のり。<Number Web> photograph by Tetsuya Higashikawa/JMPA

「北京からの4年間、いろんな事があって。負けを知って、また強くなれたかなと思います」と語った吉田(写真右)。「リオへの4年もあっという間だと思う」と語った伊調(写真左)は、前人未到の4連覇も匂わせた。

五輪直前の敗戦で、吉田の態度がガラリと変わった。

 吉田は試合後、号泣した。

「ロンドンはどうなるんだろう」

 と不安になった。

 そのとき、吉田の態度が変わった。栄監督をはじめとする周囲の人々のアドバイスに耳を傾けるようになった。

 この負けのおかげで、「ロンドンで絶対に勝ちたい。リベンジしたい」という強い気持ち、そしてオリンピックに挑むのだという意志を高めることにもなった。

 迎えたロンドンでは、初戦から安定した戦い方を見せる。

 遮二無二タックルに行くのではなく、ポイントは少なくても、確実にリードを奪っていく戦法に、成熟が見えた。

 準決勝ではワールドカップで敗れた相手にリベンジ。

「(試合前夜は)不安で寝られなくて。でも、試合になると、もうやるしかないと決めて、強気に無心で戦えました」

 終わってみれば、1点も許さない完勝だった。

ついにアレキサンダー・カレリンの偉大な記録に並んだ吉田。

 伊調と吉田は、北京後、それぞれの軌跡をたどりながら、ロンドンを目指してきた。

 異なる道を歩んできた2人だが、金メダルを手にすることができた理由は共通している。

 新しい自分にチャレンジしたいという伊調、敗れたことで挑む気持ちを取り戻した吉田……つまりは「挑戦する気持ち」であった。

 どれだけ頂点をきわめても、それこそすべてのアスリートにとって「挑戦する気持ち」は一番大切なことなのだ。

 今後を尋ねられた伊調は、こう答えた。

「あっという間にアテネ、北京、ロンドンの3大会が終わったので、リオもすぐに来るんじゃないかなって思います(笑)。自分がそのときやっているのかやっていないのか分からないですけれど、あっという間にリオだと思います。北京からロンドンも早かったし。そうですね、頑張れれば」

 その言葉の裏には、「出来は70点。練習してきたことを出せなかった悔しさ」から来る動機というのもあるだろう。明言はしなくとも、リオに向けての意欲が十分うかがえた。

 一方の吉田は、今回の優勝でアレキサンダー・カレリンの五輪・世界選手権12連覇に並んだ。9月の世界選手権で優勝すれば超えることになる。

「(出場は)どうでしょうか。ちょっと考えます。今の時点は半々くらいです」

 と一瞬躊躇しつつも、すぐ付け足すようにして「出る方向で」と口にした。

 今後どうするかはわからない。ただ、今はともかく、2人の優勝を称えたい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊調馨
吉田沙保里
伊調千春
景瑞雪
栄和人
ワレリア・ジョロボワ
マーティン・ダグレニアー
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ