ロンドン五輪EXPRESSBACK NUMBER

静かに開幕を迎えたロンドンの街。
思いを馳せるは1948年大会の無念。
 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/JMPA

posted2012/07/28 16:30

静かに開幕を迎えたロンドンの街。思いを馳せるは1948年大会の無念。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

次々と人が詰めかけていた、開会式直前のタワーブリッジ。タワーブリッジでも開会式と同時に多くのアトラクションが開催されていた。

金メダルを目指す松田と入江にとって最大の敵。

 フェルプスがアテネ、北京で連覇したバタフライ200mには、北京五輪銅メダルの松田丈志が出場する。北京五輪でロクテが世界新記録(当時)で制した200m背泳ぎは、入江陵介がいる。

 金メダルを目標に掲げてきた日本の2人の選手にとって、そのために乗り越えなければいけない壁がフェルプスであり、ロクテなのだ。

 フェルプスとロクテが大会でどのような泳ぎを見せていくのかは、松田や入江にとっても気になるところだ。

 日本勢との絡みはともかく、7月28日(日本時間29日未明)、400m個人メドレー決勝で早くもフェルプスとロクテは戦うことになる。

 今大会でも屈指のライバル対決の行方はいかに。

 再び栄冠をつかみとろうと大会に向けて備えてきた世界のスーパースターたちの姿、彼らがしのぎを削る勝負もまた、オリンピックのみどころである。

敗戦国として招待されなかった1948年のロンドン五輪。

 午後8時をまわった。

 まだ暮れない空のもと、ロンドン中心部のハイドパークでは、記念コンサートが行なわれている。街中は、局所的にオリンピックらしいにぎわいを見せている。

 午後9時がすぎ、ようやく空が暮れ始め、開会式がスタート。

 同一都市では史上初の3度目の開催となる大会。

 1908年、1948年の過去2度の開催時は参加することができなかった日本にとっては初めてのロンドン。

 とりわけ、敗戦国として招待されることがなかった1948年当時の選手の無念を思い、「先輩たちのためにもセンターポールに日の丸を掲げたいと思っています」(上野広治競泳委員長)と、決意を固めて臨む人たちもいる。

 そして、日本にとって、オリンピックに参加して100周年となる大会が、今、始まった。

関連記事

BACK 1 2
マイケル・フェルプス
ライアン・ロクテ
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ