ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

関塚ジャパンが初めて“全員集合”!
ベラルーシ戦勝利の意味を考える。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byPress Association/AFLO

posted2012/07/19 11:30

関塚ジャパンが初めて“全員集合”!ベラルーシ戦勝利の意味を考える。<Number Web> photograph by Press Association/AFLO

フル出場で攻守ともに活躍した酒井高徳と、貴重な決勝点を決めた今大会の“ラッキーボーイ”最有力選手の杉本健勇。杉本のゴールを酒井が称えたシーン。

16本シュートを打って1点しか取れなかった攻撃。

 コンディションアップの道筋は見えたが、16本シュートを打って1点しか取れなかった攻撃には、課題が残った。

 この試合では攻撃のテーマとして「サイドで作り、逆サイドに振って勝負する」というやり方が徹底されていた。何度もチャレンジしたように見受けられたが、スピード感に欠け、相手にも対応されていたように思う。

 これは、全体の攻撃に通じることなのだが……どうも試合のリズムが単調なのだ。

 宇佐美のように変化を付けられる選手はいるが、時間や余裕を作れる選手が他にあまりいない。ラストパスの精度、決定力の問題も残るが、そこをどうするのか。

 またセットプレーでも、あえて策を見せなかっただけなのかもしれないが、単純に放り込んでいるだけであった。世界を相手にする五輪のような大きな大会では、セットプレーは貴重な得点チャンス。もう少し詰めていく必要があるだろう。

 試合後、関塚監督は「勝ったことが大きな収穫」と言ったが、残り5分となった時点で、しっかり勝ち点を取ろうという意識が全ての選手のプレーから読み取れた。

 また、2つのテーマを確認することが出来たのは大きな収穫だったが、この勝利にはそれ以上の意味もあったと思う。失点する不安や勝ち切れない不安、コンビネーションがうまくいかない不安など、それぞれの疑念を五輪本番直前にわずかでも払拭できたところに、この試合の勝利の真の意味がある。

関連記事

BACK 1 2 3
関塚隆
吉田麻也
宇佐美貴史
酒井高徳
清武弘嗣
永井謙佑
鈴木大輔
徳永悠平
杉本健勇
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ