野ボール横丁BACK NUMBER

甲子園で泣く選手は大成しない!?
プロ入りした後の活躍を検証する。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/07/04 11:50

甲子園で泣く選手は大成しない!?プロ入りした後の活躍を検証する。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2009年夏の甲子園。6点リードした状態での9回表2アウト・ランナー無しから、高校野球史に残る怒涛の猛反撃をくらって降板した堂林翔太。極めて異例と言わざるを得ない、涙と反省の優勝インタビュー。

単に泣くだけでなく「とにかくよく泣く」堂林の凄さ。

 堂林は練習試合などでもよく悔し涙を流していたそうで、追いかけていたあるスカウトが、そんな堂林の涙に「妙に惹かれた」と語っている記事を読んだことがある。

 つまり、そのスカウトは、堂林のそんな性格を好意的にとらえていたのだ。

 そうなのだ。冒頭で紹介した選手も、決して「軟弱」だったわけではないと思う。ただ、純朴ではあった。

 涙を弱さと捉えると否定的な見方になりがちだが、泣くということは激しさの裏返しでもある。純粋でも、とことん純粋であれば、それはエネルギー源になるのだ。堂林は、まさにそんな選手だった。

 だからこそ、入団してから2年間、まったく一軍での出番がなかった悔しさをバネにし、3年目、ここまでの成績を残せているのだ。

 そう言えば、勝って大泣きした選手がもうひとりいた。'06年夏、やはり全国優勝した早実のエース、斎藤である。

 斎藤は、試合が終わり、応援スタンドにあいさつに行こうとした瞬間、普段は無口な部長に「お疲れさん」と肩を叩かれ、感情が一気にあふれ出してしまったのだ。

 彼の涙も、やはり激しさの裏返しだった。

「甲子園で泣く選手=プロでは成功しない」――。

 この法則は、まったく的はずれではないものの、やはり絶対的なものでもないのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
堂林翔太
広島東洋カープ
菊池雄星
斎藤佑樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ