SCORE CARDBACK NUMBER

全てを賭けて積み重ねた、
小久保裕紀の2000本。
~満身創痍で“偉業”達成へ~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2012/07/07 08:00

全てを賭けて積み重ねた、小久保裕紀の2000本。~満身創痍で“偉業”達成へ~<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

40歳8カ月での到達は宮本、落合に次ぐ史上3番目の年長記録。会見では涙をにじませた。

「センター返しのヒットならいつでも打てる」

 三冠王に3度輝いた落合博満の言葉を思い出したのは、6月24日の小久保裕紀の第2打席だった。来た球を素直に打ち返しての中前安打で、プロ野球史上41人目の2000本安打を達成したのだ。

 快挙まであと1本と迫った5月25日、椎間板ヘルニアのため登録抹消。精密検査の結果、重症と診断されたがハリ治療などで回復させた。リハビリの最中、「どんな形でもいいから早く1本打ちたい」と話していた男は、見事に復帰初戦で決め、こう語った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

小久保裕紀
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ