自転車ツーキニストのTOKYOルート24BACK NUMBER

京急線とともに旧東海道を下りつつ、
古い“地名”に思いを馳せてみた。 

text by

疋田智

疋田智Satoshi Hikita

PROFILE

photograph bySatoshi Hikita

posted2012/05/30 06:00

京急線とともに旧東海道を下りつつ、古い“地名”に思いを馳せてみた。<Number Web> photograph by Satoshi Hikita

江戸における交通の要所だった品川宿。最近では羽田空港の国際化にともなって、世界に開かれた東京の玄関口としての機能も持つようになり、改めて活気づいてきています。

吉原は日本屈指のソープランド街になったが、品川は?

 品川は吉原と並んで代表的な江戸の岡場所(遊郭)だった。

「居残り佐平次」など、数々の落語の舞台にもなっていたりする。ちなみに「佐平治」は映画「幕末太陽傳」のモデルとなった噺。あっけらかんと馬鹿馬鹿しくて、私はけっこう好き。

 宿場町だけに、遊女たちは「飯盛女」と呼ばれた。

 最盛期には、飯盛女、1300人を超えていて、昭和33年の売春防止法施行まで、続いたという。

 今となっては、どのあたりなんだろう。

 自転車でしばらく巡ってみたが、よく分からなかった。吉原という場所が、そのまま日本屈指のソープランド街になっているのと較べると、品川には特に「ここ」という跡地がない。

 人形町や、洲崎のように「そういえばテイストが若干……」という痕跡すらない。

品川には大仏もあれば、あの“泪橋”まである!

 さて、旧東海道は、道幅が適当だからか、自転車が多いぞ。クルマの方が遠慮しながら走っているという風情がある。クルマは新東海道(国道15号線)、自転車は旧東海道、と、棲み分けができているのかもしれん。

 自転車といっても、もちろん大多数を占めるのはママチャリなわけだが、いやはや、便利な一方で、交通ルールは守られてないね。まーったく。

 一言でいうと、左右がデタラメだ。真っ正面から買い物オバちゃんが、そのまま突っ込んでくる。

 お互いに避ける方向も、ある時は左だが、ある時は右。皆が臨機応変に(精一杯よくいうと)だ。非常に運動神経が必要とされる道路なのである。 

 本来「自転車は左側通行」を周知するだけで、走りやすい路になると思うんだけどね、ここ。

【写真上】 「銅造地蔵菩薩坐像」、通称“品川大仏”。お地蔵さんなので坊主頭で、宝珠と錫杖を持っていますね。旅の安全を守ってくれています。
【写真下】 欄干の飾りにわずかだが古き時代の面影を残す泪橋。

 旧東海道沿い、品川寺には、大きな銅製のお地蔵さまがある。江戸時代に建立された。見るからに「品川大仏」。しかし仏様じゃない。地蔵は菩薩。

 続いて目の前に川があらわれる。

 川の名が「立会川」。おお、これまた京急線の駅名のひとつだ。で、その立会川に架かる橋の名前が「浜川橋」別名「泪橋」という。

 泪橋?

 そう、北にもあるが、ここにもある。名付けの構図はまったく同じだ。北の有名な泪橋(台東区)は、近くに小塚原刑場があった。こっちの泪橋の先にも鈴ヶ森刑場があるのだ。

 これらの仕置き場(刑場)に向かう途中、裸馬に乗せられた罪人は、この橋を渡った。罪人本人にとっては、この世の見納めの場であり、その親族などにとっては、処刑される者との別れの場だ。その双方がここで涙を流したことで、橋の名が付いた。

 現在の泪橋は、鉄筋コンクリート製の、単なる「ちょっと古い橋(昭和9年竣工)」だ。川は低層マンションの間を縫うように流れていく。

 かつてのこのあたりは、葦の生い茂る草深い荒れ地で、刑場が似合う寂しい場所だったという。

【次ページ】 現在の鈴ヶ森はどうなっているかというと……。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ