Number on NumberBACK NUMBER

メダル数で測れないもの。
~“中国化”する日本スポーツ界~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2012/06/05 06:00

メダル数で測れないもの。~“中国化”する日本スポーツ界~<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

中国が最も得意とする競技のひとつ、体操。北京五輪では、男子団体総合、男子個人総合ともに中国に金メダルを譲った。ロンドンでは、内村航平(写真)の個人総合金だけでなく、団体総合金メダルというアテネ五輪の再現を目指す。

 オリンピックにおいて、1位から3位の選手に「金銀銅」のメダルを授与すると決まったのは、1907年、オランダのハーグで行なわれたIOC総会だった。彼らの決定によって、オリンピックでは3位までが高い価値を持つことになった。

 今では世界中で多くの選手が、オリンピックのメダルを最も価値ある成果として目標にしている。しかし考えてみると、これは当時のIOC委員――ピエール・ド・クーベルタンやスウェーデンのビクトル・バルク将軍が決めた顕彰の方法だ。彼らが「メダルは5位まで」と決めていれば、5位が高い価値を持つことになっていたかも知れないのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1934文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ