SCORE CARDBACK NUMBER

下半身の衰え隠せぬ
魁皇に迫る土俵際。
~技量審査場所直前に見えた異変~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2011/05/12 06:00

下半身の衰え隠せぬ魁皇に迫る土俵際。~技量審査場所直前に見えた異変~<Number Web> photograph by Miki Fukano

東関部屋への出稽古で後輩の稽古を高見盛と見守る魁皇(右)。稽古総見は体調不良で欠席

 最年長大関、魁皇のまわし姿に目を見張った。「技量審査場所」と銘打って、異例な形で幕を開けた5月場所。その場所直前、稽古場で目にした魁皇の下半身――太ももと臀部の筋肉の衰えが、誰の目にも明らかだったからだ。

 場所前恒例の体重測定では、1月の初場所に比べ、約6割の幕内力士の体重が減少。安美錦と栃ノ心に至っては、10kgも減っている。ちなみに初場所前の測定では、前11月場所と比較し、幕内平均体重プラス2.3kgだったが、今回の平均値はマイナス1.6kgを記録した。

 大関昇進11年目、38歳のベテラン力士である魁皇も、例外ではなかった。結果は9kg減の164kg。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

カズに学べ。~明るく生き抜く11の思考法~

関連記事

魁皇

相撲の前後の記事

ページトップ