SCORE CARDBACK NUMBER

異例ずくめの場所を経て、
歩み始めた信頼回復の道。
~7月10日名古屋場所に向けて~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/06/20 06:00

異例ずくめの場所を経て、歩み始めた信頼回復の道。~7月10日名古屋場所に向けて~<Number Web> photograph by KYODO

八百長防止の一環で開いた研修を受ける白鵬ら。講師からの厳しい指摘は約1時間続いた

 文部科学省指導のもと、異例の「技量審査場所」と銘打たれ、関係者の誰もが不安を抱えたままに幕を開けた、5月大相撲本場所。蓋を開ければ、入場無料ゆえ、1万1000人収容の国技館で連日6000人以上の入場者数を数え、ときには通常の本場所よりも客入りの多い日も。2月の八百長問題発覚後から、3月の春場所中止を経て、稽古だけに励まざるを得なかった力士たちが、土俵際の攻防の多い力の入った相撲を見せてくれた。千秋楽結びの一番は、すでに栃ノ心に1差で優勝を決めていた白鵬を、手負いの大関魁皇が下した大一番。大歓声とともに座布団が宙に舞った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 668文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名将に学ぶ。~チームを変革する新時代リーダー論~

関連記事

相撲の前後の記事

ページトップ