SCORE CARDBACK NUMBER

場所中止でも震災後でも。
鳴戸部屋の猛稽古は続く。
~逆風はね返す「おしん横綱」の檄~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byShoko Sato

posted2011/04/11 06:00

場所中止でも震災後でも。鳴戸部屋の猛稽古は続く。~逆風はね返す「おしん横綱」の檄~<Number Web> photograph by Shoko Sato

稀勢の里(右)、隆の山(左)ら総勢19人の力士が、引き締まった空気の中、黙々と汗を流す

 相撲界の八百長疑惑問題など吹き飛んでしまう大惨事が起きてしまった。親戚や知人が被災した力士もおり、地震直後の数日は、稽古自体を中止したり、余震に備えて稽古時間を短縮するなど、各部屋は対策に追われていた。

 もっとも、力士数の減少もあり、かつては猛稽古で知られた名門部屋でも、3、4時間で終了してしまうのが、昨今の相撲界稽古事情。そんな風潮に真っ向から逆らって、気合十分の猛稽古を続けているのが、「おしん横綱」元隆の里を師匠とする鳴戸部屋だ。今なお稽古時間は朝5時から昼の12時まで、7時間以上ぶっ続けで行なわれている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 649文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

黄金世代がプロ野球を面白くする。

関連記事

相撲の前後の記事

ページトップ