Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

シャビ・アロンソを育てた気高きバスク魂。~レアル天才MFのルーツを訪ねる~ 

text by

小宮良之

小宮良之Yoshiyuki Komiya

PROFILE

photograph byAgence SHOT

posted2009/11/10 10:30

シャビ・アロンソを育てた気高きバスク魂。~レアル天才MFのルーツを訪ねる~<Number Web> photograph by Agence SHOT
 カカ、C・ロナウドといったスター選手を擁してもなお、レアル・マドリーが獲得にこだわった希代のMFは、いかにしてかの地で才能を開花させたのか。
彼の育ったスペイン・バスク地方の都市サン・セバスチャンをたずねた。

 10月のある土曜日、潮の引いた砂浜では十数人の若者たちがサッカーボールを追うのに夢中だった。

「今のはシュートじゃなくてパスだろ?」

 FCバルセロナのユニフォームを着た青年が味方に文句を垂れる。その表情は真剣そのもの。ゴールは砂山を盛り、ラインは砂をえぐっただけの即席会場だ。そのためシュートは入ろうが入るまいが、ラインを越えたボールは波打ち際へと転がっていく。相手チームの選手が波に押し戻されたボールを拾い早足で戻ると、試合はおもむろに再開した。

 スペイン北部に位置するバスク地方、ギプスコア県サン・セバスチャン市において、ビーチサッカーは伝統のひとつである。

 貝殻を意味する「コンチャ」という名の海岸では2週間に一度、干潮の日曜日に8~11歳の少年チームが各地からバスで訪れ、トーナメントを開催している。10面ものピッチが用意され、11対11の試合が同時に行なわれる。潮が引いたビーチは水を多く含んだ場所とそうでない場所でボールの転がり方が異なるため、体のバランス力を養い、適応力を身につけるのに理想的だという。

 その日、コンチャにいた若者たちは少年時代の習慣を続けていたのだろうか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5702文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州サッカー&W杯予選特集スペインを極める。
シャビ・アロンソ
レアル・マドリー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ