SCORE CARDBACK NUMBER

競泳日本選手権、
新記録ラッシュの理由。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2009/05/06 06:00

競泳日本選手権、新記録ラッシュの理由。<Number Web> photograph by Takao Fujita

 7月の世界選手権代表選考を兼ねた競泳日本選手権が、4月16日から19日にかけて行なわれた。北島康介が欠場し、柴田亜衣、中村礼子ら長年日本代表で活躍してきた五輪メダリストたちが引退したあとを受けての大会だけに、どのような泳ぎがみられるか注目されたが、結果は予想以上のものだった。

 世界記録までわずか0秒08に迫った背泳ぎ200mの入江陵介、世界歴代3位をマークした背泳ぎ100mの古賀淳也など、誕生した日本新記録は合計で20を数える。北京五輪後、日本代表ヘッドコーチに就任した平井伯昌氏も笑みを浮かべた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

平井伯昌
入江陵介
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ