SCORE CARDBACK NUMBER

日本の強化が進まないあまりにも単純な理由。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2005/06/09 00:00

日本の強化が進まないあまりにも単純な理由。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 今年の4大大会第2戦、全仏が真っ盛りである。赤土のコートで戦われる大会は、見た目の華やかさとは違い非常にタフだ。球足が遅く、ポイントを決めるためにすべての技術が要求される。近年は国内で土のコートが激減しており、日本選手にとっては最も苦手なサーフェスとなっている。

 '70年代まで、国内のテニスコートといえば「土」だった。数々のデ杯が行われた今はなき田園コロシアム。全日本の会場でもあったうつぼテニスセンター。すべて土のコートだった。しかし、'80年代になり、高度成長経済とテニスブームの中、民間テニスクラブが乱立した。経営的に見れば、土のコートは、常に手入れをしなくてはならず維持費が大変だ。大半のクラブで、メンテナンスの容易さと効率の高さで、ハードコートが採用された。今の日本選手は、ほとんどがハードコート育ちである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 539文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

決戦。 Germany will be mine!

Sports Graphic Number 629

決戦。 Germany will be mine!

 

テニスの前後の記事

ページトップ