SCORE CARDBACK NUMBER

女子テニスに熱い予感。ベルギー旋風再来か。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2005/05/12 00:00

女子テニスに熱い予感。ベルギー旋風再来か。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 キム・クライシュテルス、ジュスティーヌ・エナン・アーデン。ベルギーの元女王2人の復活が、女子テニス界に再び活性化を生んでいる。ウィリアムズ姉妹のパワーに陰りが見え、世界1位のダベンポートはあまりにも地味で、話題はシャラポワが独占している状態。最近の女子テニス界は、ややマンネリ化の傾向があった。しかし、ここに来て、クライシュテルス、エナン・アーデンが、ケガと病気から復帰し、立て続けにツアーで優勝し、再びトップ争いに食い込んだ。

 クライシュテルスは、'03年にツアー年間9勝を挙げ、8月にはベルギー選手初の世界1位に輝いた。いまだに4大大会の優勝はないが、4度の準優勝を記録している。しかし、昨年6月に左手首を手術。1月の全豪以外、他の4大大会3大会すべてを欠場し、年間わずか6大会しか出場できなかった。9月に、一度、4カ月ぶりに試合に出場したが、結果が思わしくなく、今年の2月に復帰した時には、トップ50から転落していた。しかし、世界133位で出場した3月のパシフィックライフ・オープンで優勝すると、続くナスダック100オープンも制し、2大会で一気に17位まで世界ランクを戻した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 399文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

超格闘争乱 ミドルの魂。In The Middle of Golden Battlefield

テニスの前後の記事

ページトップ