SCORE CARDBACK NUMBER

ナダルの全仏Vに見る、テニススタイルの趨勢。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2005/07/07 00:00

ナダルの全仏Vに見る、テニススタイルの趨勢。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 テニス技術の流行は、螺旋階段のように、繰り返しながら発展する。その観点からすると、全仏に19歳で優勝したラファエル・ナダルのプレースタイルは、ふた昔前のテニスを発展させた形と言えるだろう。'68年オープン化(プロ解禁)以来、'82年ビランデル(スウェーデン)に次ぐ2人目の初出場初優勝を成し遂げた新星は、もしかしたら、男子テニス界に新たな時代を築き上げるのかもしれない。

 テニスは、ラケットを使うスポーツだけに、できる技術は限られている。すでに、現在のテニスは、ほとんどのテクニックが出尽くした感じだ。ネットプレー、ストローカー、オールラウンド。大きく分ければ3つのスタイルに、それぞれに適した球種やパワーが絡む。細かい違いはあるが、すべて、この3スタイルからの亜流である。現在は、パワーがあるストロークを基盤としたオールラウンドに近いテニスだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 515文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[総力特集!コンフェデレーションズ杯]日本はもっと強くなる。

テニスの前後の記事

ページトップ