SCORE CARDBACK NUMBER

監督人事をめぐる「結果論」の曖昧さ。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

posted2006/01/12 00:00

 年末年始は何かとイベントの多いサッカー界だが、Jリーグはシーズンが終了し、話題は各クラブの人事へ。監督では、J1、J2合わせて10名程度が入れ替わる模様だ。しかも鹿島、FC東京、新潟で長期政権が終了することもあり、J全体に“刷新”の空気が漂う。

 監督交代には様々な理由がある。なかでも多いのが、「結果を出せなかった以上、責任を取る」というケース。つまり、成績不振による辞任(あるいは解任)である。監督交代の理由としては、これが一番分かりやすい。

 例えば、仙台の都並敏史監督が解任された。理由はJ1昇格を逸したから。つまり、結果を出せなかったわけだ。一見すると、理に適っているようである。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

Jリーグの前後のコラム

ページトップ