SCORE CARDBACK NUMBER

プロとしての社会性を示した2人のJリーガー。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTakao Yamada

posted2006/02/09 00:00

プロとしての社会性を示した2人のJリーガー。<Number Web> photograph by Takao Yamada

 最後に名前を呼ばれて登壇した佐藤寿人は、最愛の妻、家族に続けて、自分が所属した4クラブすべてを挙げて(しかも正式名称で)、感謝の意を表した。昨年のJリーグ・アウォーズ、ベスト11発表での一コマである。

 なかには苦々しい思い出しかないクラブもある。だが、それも含めて、自身の成長の糧として受け止めている。そんな彼の気持ちが伝わってくる、実にすばらしいスピーチだった。受賞が5回目にもなる日本代表の常連が、「ありがとうございます」さえ満足に言えなかったのとは、比べ物にならないくらいに。

 真のプロたるもの、子供たちに夢を与える存在でなければならない。理想の姿として、しばしばそんなことが言われる。それは何もピッチ上だけに限らない。しっかりとした社会性を持ち、自分の言葉で気持ちを伝えることも、プロとしての立派な務めなのではないだろうか。となると、宮本恒靖の突出した人気も合点がいく。表彰が続く舞台上を眺めながら、そんなことを考えていると、そういえばと、ある選手のことが思い出された。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 480文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[TORINO 2006 PREVIEW]彼女はトリノで強くなる。
佐藤寿人
長谷部誠

Jリーグの前後の記事

ページトップ