SCORE CARDBACK NUMBER

ハンセンに刺激されて、北島の自己ベストなるか。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2005/04/28 00:00

 五輪開催の翌年は選手のモチベーションが下がり、盛り上がりに欠けるのが普通だ。だが、7月から9月にかけて世界選手権が予定されている水泳、陸上、柔道の選手たちにのんびりしている暇はない。すでに重量級をのぞく柔道の各級やマラソンなどで代表が決まっており、4月21日からはいよいよ競泳の代表をかけた日本選手権が始まる。

 アテネでは大躍進を見せた日本の競泳陣だが、7月の世界選手権は3年後の北京五輪へ向けての新たなスタートとなるだけに、日本選手権でも好記録が期待される。注目の北島康介は2月末に行われた日本短水路選手権の後、3月11日から米国フラッグスタッフで高地トレーニングを行った。風邪の影響で最初の1週間は休養主体となってしまったが、後半はたっぷりと泳ぎ込んだという。出発前の段階では日本選手権で自己ベストを出すつもりだったが、調整が遅れたため「あくまでも世界選手権へ向けてのワンステップ」(平井コーチ)という方針に切り替えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 488文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創刊25周年特別編集]1980-2005 日本野球の25人 ベストゲームを語る。
北島康介
ブレンダン・ハンセン
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ