NumberEYESBACK NUMBER

自由形3冠に輝いた柴田亜衣の成長。 

text by

井本直歩子

井本直歩子Naoko Imoto

PROFILE

posted2005/05/12 00:00

 7月のモントリオール世界選手権の代表選考会を兼ねた競泳日本選手権が、4月21〜24日に行なわれた。

 アテネ五輪の翌年であり、北京五輪への元年である今シーズン。「ゼロからのスタートって、本当は言いたいんだけどさ」。久々にナショナルチームのヘッドコーチを任された鈴木陽二は、ぼそっと漏らした。

 ゼロから、というわけには当然いかない。アテネでメダル8個という輝かしい成績を収めたニッポン水泳は、モントリオールでもそれなりの結果を求められるからだ。

 嬉しいことに、ポスト五輪シーズンにありがちな「引退」「休養」はほとんど聞かれず、元気よく泳ぎ出した選手たちだったが、蓋を開けてみると、日本選手権の結果は全体的に低調だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1038文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

超格闘争乱 ミドルの魂。In The Middle of Golden Battlefield
柴田亜衣
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ